フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】

【フルクラムホイールの選び方】シーン・コース別におすすめホイールを一挙公開♪


換装した時に最も「走り」が変わる自転車パーツは?

といわれれば、これは間違いなく

足周りのタイヤとホイールですね♪



特にホイールは高いパーツですが

「走り」の費用対効果は抜群です!



ところが、、

ホイールを換えてみたい!

でも、どのホイールがいいかわからない・・・

という方もいらっしゃいますよね。



そこで、このページでは

どういうシーン、どういうコースでは、

どんなホイールを選ぶといいのかを、

しっかりとお伝えしていきます!



あなたのロードバイク、トライアスロンバイク、シクロクロスバイクに

ピッタリのホイールを探しましょう!


 <<目次>>




ヒルクライムにおすすめのホイール


ヒルクライムは重力との戦いです。

いかに重力に打ち勝ち、

頂点へと身体を運ぶかが勝負となります。



重力は重量(質量)に比例しますから

簡単に言うと、

軽いホイールが絶対的にいいのです!



ヒルクライムでのホイール選びでは、

「重量(軽さ)」が、

一番重要なポイントになります。



さて、次に、

また平地に比べ、ヒルクライムでは

ダンシング等で、踏みこんだ時に

大きいエネルギーを与えますよね。



でも、せっかく踏み込んだ、

その大きいエネルギーが、

途中で失われてしまったら

意味がありませんよね?



大きいいエネルギーだからこそ、

無駄なロスなく、しっかりと、

地面へと伝えて行かなければなりません!



そのために必要になるのが、

途中で力が逃げない硬さです!

「高い剛性」です。


そこで、ヒルクライムでは、「高剛性」も、

もう一つの大事なポイントになります。



以上のポイントから、

ヒルクライムでおすすめする

ホイールは、これです♪

 
 
   

◆レーシングゼロ カーボン クリンチャー

・カーボンホイールならではの超軽量1358g
・アルミスポークでさらなる高剛性を実現
・C17のワイドリムで快適性・操作性も向上

レーシングゼロ カーボン

レーシングゼロ カーボン


  
   

◆レーシングゼロ クリンチャー

・アルミ最強シリーズのスタンダードモデル
・材質と技術の全てにこだわった高い剛性
・C17ワイドリム化による快適性とグリップ力向上

レーシングゼロ

レーシングゼロ


 
   

◆レーシングゼロ ナイトC15 クリンチャー

・アルミながら魅力の1428gという超軽量モデル
・ダウンヒルも安心。驚異のブレーキング
・高剛性が生み出す推進力とダイレクトな反応
・23C最適モデルで流通在庫のみ!

レーシングゼロナイトC15

レーシングゼロナイトC15


  
   

◆レーシング3 クリンチャー

・実力十分のハイコストパフォーマンスモデル
・C15リムでミドルレンジながら1550gの軽量性
・上位モデルゆずりの高剛性による推進力

レーシング3

レーシング3


 
 
    

アップダウンのあるコース・総合系レースにおすすめのホイール


アップダウンを含むコース設定では、

平地や緩斜面を速く走ることや

クライムを速く登ることも大事ですが、

実はさらに重要な点があるのです!



ぜひ、そこをチェックしながら、

ホイールを選んでくださいね♪



1つは、速度変化に対応する性能です。

コースが複雑になればなるほど、

アタックなどの駆け引きも増え、

スピードへの対応が必要になりすよね。



一瞬のチャンス、ここというタイミング、

そこでライダーの身体反応と同じように、

自転車やホイールが反応するどうかは、

レースの勝利に非常に重要な要素です。



この反応性・レスポンスに重要なポイントは、

力を逃さず反応をしっかり伝える「硬さ」です。



そこでこのようなアップダウンコースでの

ホイールには、この「高剛性」という

ポイントが重要になります。



もう一つは、

平地やクライムが速くても、

ダウンヒルでタイムロスをしたら、

意味がありません。



ダウンヒルは怖くて苦手という方は

かなり多くいらっしゃいますし、

実際、危険を伴うこともあります。



もし、本当に信頼できるブレーキで、

確実な制動が約束されていれば、

ダウンヒルの走りが変わり、

アドバンテージを得ることができますね。



平地やクライムで稼いだ時間を確保し、

ダウンヒルでさらに差をつけるためにも、

「ブレーキ性能」は、もう一つの

重要ポイントと言えるでしょう。



以上のポイントから、

アップダウンのあるコース・総合系レースでは、

こちらのホイールをおすすめします♪

 
 
   

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ

・クラス最強の剛性で異次元の推進力を実現
・ストレスのない回転性能を誇るCULTベアリング
・信頼性の高いアルミリムで1510gという軽量性
・C17のワイドリムで快適性・操作性も向上

レーシングゼロ コンペティツィオーネ

レーシングゼロ コンペティツィオーネ


 
     

◆レーシングゼロ ナイト クリンチャー

・究極のブレーキ性能をもたらすPEO処理
・ワイドリムの安定性・操作性が生み出す攻撃性
・アルミ素材のC17ワイドリムで1506gという軽量性

レーシングゼロ ナイト

レーシングゼロ ナイト


 
   

◆フルクラム スピード40T チューブラー

・決戦レースならプロ仕様のカーボンチューブラー
・驚異の1213gで自分の限界点を突破
・40mmハイトリムによるエアロダイナミクス
・3Diamant処理によるブレーキ性能で限界まで攻める

フルクラム スピード40T

フルクラム スピード40T


 
 
    

タイムトライアル、トライアスロンにおすすめのホイール


トライアスロンでは集団走行

(ドラフティング)禁止ですし、

タイムトライアルも基本は単独走行です。



このような状況での、一番大きな敵は、

もちろん、「空気抵抗」ですね。



そこで、このような単独走行では、

その空気抵抗を減らす性能

すなわち「エアロ性能」が重要になります。



この「エアロ性能」の中でも

リムの高さは非常に重要です。



リムは高ければ高いほど

エアロダイナミクスは優れますが、

一方で横風の影響を受けたり、

重量が重くなったりと、

デメリットも生じます。



自分が走るコースや目的と一緒に、

リムの高さは考えて行きましょう♪



以上のポイントから、

タイムトライアル、トライアスロンで

おすすめるホイールは、これです!

 
 
   

◆フルクラム スピード40C クリンチャー

・1420gという軽量カーボンホイール
・扱いやすいクリンチャーモデル
・エアロ性能にすぐれた40mmハイトのリム
・3Diamant処理によるカーボンながら優れたブレーキ性能
人気商品のため生産が追い付かず、品薄状態となっています

フルクラム スピード40C

フルクラム スピード40C


 
   

◆フルクラム スピード 55T チューブラー

・決戦レース向け、完全プロ仕様のカーボンチューブラー
・55mmハイトのリムによる抜群のエアロ性能
・ディープリムながら1280gという超軽量ホイール

スピード55T チューブラー

フルクラム スピード55T


 
    

◆レーシングクワトロカーボン クリンチャー

・コストパフォーマンスに優れたカーボンホイール
・扱いやすいクリンチャーモデルながら抜群の性能
・すぐれたエアロダイナミクスを示す40mmハイトリム

レーシングクワトロカーボン

レーシングクワトロ カーボン


 
 
    

エンデューロ、クリテリウムにおすすめのホイール


基本的にほぼ平坦路になる、

エンデューロやクリテリウムでは、

やはり空気抵抗が敵になります。



そこで、「エアロ性能」が、

非常に大切なポイントになります。



ただ、これらでは集団走行が多くなるので、

TTやトライアスロンほどエアロ性能にシビアではなく、

集団内での走りやすさも重要なポイントになります。



また、集団内の速度変化や仕掛けに対応できる

「高剛性」「ブレーキ性能」も、

それぞれ大事なポイントと言えますね。



以上のポイントから、

エンデューロ、クリテリウムで

おすすめするホイールは、これです♪

 
 
    

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ

・高い剛性による卓越した加速性能と推進力
・スピード変化にダイレクトに反応するレスポンス
・高速巡行で威力を発揮するCULTベアリングの回転性能
・集団内でも信頼できる安定性・操縦性

レーシングゼロ コンペティツィオーネ

レーシングゼロ コンペティツィオーネ


 
    

◆フルクラム スピード40C クリンチャー

・他を圧倒する速度を誇るカーボンホイール
・レースでも扱いやすいクリンチャーモデル
・40mmのリムによる十分なエアロ性能
・17Cワイドリムがもたらす集団内での安定性と操縦性
人気商品のため生産が追い付かず、品薄状態となっています

フルクラム スピード40C

フルクラム スピード40C


 
    

◆フルクラム スピード40T チューブラー

・決戦レースで勝利するためのカーボンチューブラー
・純粋にスピードだけを追求した完全プロ仕様モデル
・3Diamant処理によるブレーキ性能と操縦性

フルクラム スピード40T

フルクラム スピード40T


 
   

◆レーシングゼロナイト クリンチャー

・高剛性が生み出す推進力とダイレクトな反応
・安定性に優れレスポンスも優れた、前後で異なるリムハイト
・駆け引きにも活きる鋭いブレーキ制動性

レーシングゼロナイトC17

レーシングゼロナイト


 
 
    

ロングライド、グランフォンドにおすすめのホイール


ロングライドやグランフォンドの目的は、

楽しみながら走ることですよね。



遠くへ、山へ、海へ、

楽しく走るために一番大事ポイントは、

「快適性」になります。



乗り心地、安定性、操作性、

これらの快適性をもたらしてくれる、

C17のワイドリムと25Cタイヤ装着は、

重要な選択肢となります!



ただし、楽しみながらとはいえ、

長距離を走ったり、クライムをしたりするので、

やはり「走り」の性能は必要になります。



特に、楽しみ走るという目的ならば、

平地ではゆっくりスピードでいいですが、

クライムは楽しくラクに登りたいですね♪




とすると、やはり、「エアロ性能」よりも

「重量(軽さ)」がホイール選択のポイントに

なります。



以上のポイントからおすすめする、

ロングライド、グランフォンドのホイールはこれ!

 
 
    

◆レーシングゼロ クリンチャー

・材質や技術のすべてにこだわった高い剛性
・あらゆる走りに対応できる反応性の高さ
・クライムでも有利な1518gの軽量性
・C17ワイドリムがもたらす走りの快適性

レーシングゼロ

レーシングゼロ


 
    

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ

・クラス最強の剛性による卓越した加速性能と推進力
・CULTベアリングによるストレスのない回転性能
・クリンチャーとチューブレスが両方使える2WAYモデル
・C17のワイドリムで快適性・操作性も向上

レーシングゼロ コンペティツィオーネ

レーシングゼロ コンペティツィオーネ


 
    

◆レーシング3 クリンチャー

・すぐれた性能を持つハイコストパフォーマンスモデル
・ミドルレンジながら軽量の1550g
・上位モデルゆずりの高剛性による豊かな反応性

レーシング3

レーシング3


 
 
    

シクロクロスにおすすめのホイール


泥や砂の中を走るシクロクロスでは、

なんといっても「耐久性」

一番のポイントになります。



特にハブの中に泥や砂が入らないように、

工夫されたホイールがおすすめです。



また、タイヤは25Cまたは28C

最適化されたC17ワイドリム

必須ポイントと言えます。



以上のポイントから、

シクロクロスバイクにおすすめのホイールはこれです!


 

◆レーシング クワトロ LG CX クリンチャー

・シクロクロス用上位モデル
・ハブにダブルシールを施した耐久性のあるモデル
・クワトロシリーズの高い剛性が生み出すすぐれた推進力

レーシングクワトロ LG CX クリンチャー

レーシングクワトロ LG CX


 
    

◆レーシング5 LG CX クリンチャー

・シクロクロス用ミドルレンジモデル
・ハブのダブルシールなど、耐久性に優れたモデル
・高い剛性が生み出す走りの性能も十分

レーシング 5 LG CX

レーシング 5 LG CX


 
    

◆レーシング7 LG CX クリンチャー

・シクロクロス用入門モデル
・ハブのダブルシールなど耐久性に優れたモデル
・通勤や通学にもおすすめできるハイコストパフォーマンスモデル

レーシング7 LG CX クリンチャー

レーシング7 LG CX


 
 
 
それぞれのシーン、 それぞれのコースで

フルクラムのホイールはあなたに、

最大の力と最良の楽しみを与えてくれます♪




フルクラムについて

ご不明な点やご質問は、

ぜひお気軽にお問い合せ下さい!


PageTop