フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】

人気ホイール比較対決#2 フルクラム レーシング3 vs カンパニョーロ ゾンダ C17


ロードバイクに乗り始めて、

ウェアペダルなどのアイテムがそろうと、

今度はパーツを換えてみたくなりますね。



その中でもホイールは唯一、

タイヤとともにバイクが地面と接するパーツとして、

走りに大きな影響をもたらしてくれます。



初心者を抜けだし、

より快適でより速い走りを実現する、

ミドルクラスのホイールの定番といえば、

フルクラム レーシング3 クリンチャーと、

カンパニョーロ ゾンダC17 クリンチャーです!



このページでは、

「人気ホイール比較 ミドルクラス編」として、

この2つのホイールを比較して、

それぞれの「走り」の特徴を

ご紹介したいと思います!



 

仕様の比較


まずは、それぞれの仕様を見てみましょう。


 
  フルクラム レーシング3 カンパニョーロ ゾンダ C17
重量 1550g 1596g
リムタイプ クリンチャー/WO クリンチャー/WO
リム高 F:25mm, R:30mm F:27mm, R:30mm
リム幅 20.5mm, C15 22.5mm, C17
スポーク 2:1 スポークレシオ
F:16本, R:21本
(左7 & 右14)
MEGA-G3
F:16本, R:21本
(左7 & 右14)
ハブ フランジ: アルミ
ボディ: アルミ
フランジ: アルミ
ボディ: アルミ
ベアリング スチール スチール
対応カセット シマノ 10-11S、
カンパ 9-11S
シマノ 10-11S、
カンパ 9-11S
定価 73,440円 70,740円(シマノ)
71,820円(カンパ)



基本的にはレーシング3もゾンダも

ミドルクラスと位置付けられるホイールで、

それぞれのパーツや構成は似ています。



ただし、この両者は大きく次の2点が異なり、

そこが両ホイールの「走りの違い」に、

影響しています。


・リム幅 

・重量とスポーク構成


この2点について、

比較しながら詳細に考察していきましょう。



 

C15モデルのレーシング3とC17ワイドリムのゾンダ


ミドルクラスの頂点を競っていた

両ホイールですが、2017年モデルで

大きな違いが出ました。



それはゾンダのC17ワイドリム化です!

これによりゾンダは、

路面との横方向接着面積が増大

快適性安定性で向上が見られます。



カンパニョーロ_ゾンダ



平地走行の方が多く、

また路面状況が悪い場合などは、

25Cタイヤのメリットは十分あります。



ただし、このワイドリムの効果を

十分に受けるためには、

25C・28Cタイヤの装着が必要であり、

23Cタイヤ装着時には空気の流れが滞り、

逆に抵抗が増えることとなります。



また、25Cタイヤの方が

転がり抵抗が小さいと言われますが、

タイヤそのものの重量があるので、

ヒルクライムや速度変化には、

デメリットもあります。



よく走るコースや、路面状況などによって

23Cタイヤのメリット

考慮した方が良い場合もあります。



従来の23Cタイヤを履く場合であれば、

C15モデルのレーシング3が

おすすめになります。



レーシング3



 

高剛性&軽量のレーシング3とバランスのゾンダ


カンパニョロ ゾンダのC17ワイドリム化は重量にも

大きな違いを生み出しています。



ゾンダは、旧モデルは1550gでしたが、

ワイドリム化した2017年モデルは1596g

46gも重くなっています。



一方のレーシング3は1550gですので、

ゾンダ2017年モデルよりも

46g軽いことになります


たかが46gというなかれ!


これはほぼリム重量の差ですので

回転半径の2乗に比例する

慣性モーメントには、大きな影響を及ぼします。



つまり、実際以上に、ゾンダは重く感じ、

また、実際以上にレーシング3は軽いので、

レースの中でも重量差がもっとも顕著に表れる

ヒルクライムに向いていると言えます。



そしてもう一つ、

スポークの組み方も異なります。



ゾンダ_メガG3



こちらのゾンダはMega G3という組み方ですが、

これはスポークを3本ずつをセットにし、

エアロ性能にすぐれた効果を示します。



これに対してレーシング3では

2:1 スポーク・レシオという組み方で、

Mega G3よりも外側に放射状に延ばずことで

ねじれを抑え、剛性を高くしています。



レーシング3



これにより、ゾンダが軽やかで

バランスの良い走りするのに対し、

レーシング 3は、ダイレクトに反応し、

卓越した加速性能や推進力を示してくれます。



以上のような特徴から考えると、

ロングライドやグランフォンドなどで、

平地中心に速度変化が少ないコースでは、

安定性や快適性に優れたゾンダがおすすめです。



またをヒルクライムや実戦レースなどで、

アップダウンやアタックなどがあるコースでは

軽量で反応性に優れたレーシング 3がおすすめになります。



 

価格とデザインで決めるなら○○


ホイールを何にするかの決め手は

重量やホイールごとの特徴であり、

「走り」の違いが一番ですが、

やはり、価格やデザインも

非常に重要ですよね!



価格を見ると、

定価はレーシング3の方がやや高いのですが、

実際の販売価格は

レーシング3の方がむしろ安くなっています。



デザインに関しては

個人の好みが大きく影響しますので、

どちらがすぐれているとは言えませんが、

ZONDAがリムもハブも基本黒1色であるのに対し、

レーシング3はリム面が白と黒の2色を上手く使い

またハブは白で人目を引くデザインになています。



自分のバイクのカラーリングと

相性もありますが、私としては、

フルクラムのオシャレ感がいいですね♪



 

試乗インプレ「乗りこなす」レーシング3と「身をゆだねる」ゾンダ


では、ここからは実際に乗った時の

インプレを見てみましょう。



まずレーシング3ですが、

やはり走りますね!

特にヒルクライムでは、その軽さ

ゾンダと比較して際立ちます。



これは、ホイールだけではなく、

タイヤの軽さから来る影響もあるのですが、

それに高い剛性も加わって、

グイグイ登る感じがしっかり伝わります。



硬いといわれるだけあって、

多少突き上げる感じもあるのですが、

「乗りこなす」という感覚

楽しくなるホイールでもあります。




これに対してゾンダは、やはり快適です。

25Cのエアーボリュームから来る

クッション性はさすがですが、

ただフカフカしすぎる気もします。



横接地面積は25Cの方が広く、

シッティング時のグリップは良いですが、

ダンシング時に特に覆いかぶさる状況では、

23Cよりもトラクションが少ないので、

速度変化には弱い面もあるようです。



全体としては、しなりもあり、それに合わせて

自然にリズムに乗れる快適なホイールで、

「身を任せる」快適で安心なホイールと言えます。



 

トータルバランスでレーシング3がおすすめ♪


実戦レースでの攻撃性を持ちあわせながら

どの場面でも頼りになる「走り」の性能


ホワイト基調のデザイン性

そして、手にしやすい価格


フルクラムホイール専門店の当店が

自信をもっておすすめする

ハイコストパフォーマンスの

アルミクリンチャーホイール、

それが、

フルクラム レーシング3




ワイドリム化の波が進んでいます。ゾンダのように

レーシング3もC17化されたら、

レーシング3 C15バージョンがなくなるはずです!

自信をもって、今が買い時です!!!





FULCRUM Racing3 Clincher wheel set

レーシング3

フルクラム レーシング3/RACING3 クリンチャー ホイールセット



PageTop

  • ごあいさつ
  • 交換返品
  • フルクラム大好き店長ブログ
  • 関税送料無料
  • customer-voice
  • 即納商品
  • 迷惑メール対策



fulcrum-gallery
  • FULCRUMブランドヒストリー
  • フルクラムホイールの選び方
  • ホイール技術へのこだわり
  • ホイールメンテナンスの基本
  • フルクラムホイールのインプレ集
  • フルクラムホイールのおすすめグレードをまとめてご紹介!
  • 人気ホイール比較対決1 フルクラム レーシングゼロC17 vs カンパニョーロ シャマルウルトラ
  • 人気ホイール比較対決2 フルクラム レーシング3 vs カンパニョーロ ゾンダ C17
  • フルクラム レーシングゼロの魅力を徹底解明!
  • フルクラム レーシング3の走りとは?
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ