フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】

フルクラムホイール技術へのこだわり


フルクラムは、2004年に始まった

新興ブランドでありながら、

その革新的な技術で、

世界のトップブランドになりました。



特にロードバイクホイールにおいては、

グランツール世界選手権などでも

さまざまな活躍を見せてくれていますね。



もちろんプロユースのみならず、

私たちが使っているホイールでも

優れた最新技術が採用されています



フルクラムが培ってきた技術が、

どのようにホイールに取り入れられているかを

わかりやすくまとめてみました



 

フルクラムがこだわる高剛性


フルクラムのイメージといえば、

ほぼ皆が「高剛性」「硬い」

答えるでしょう。



それほどフルクラムが

「高剛性」にこだわる理由は、

エネルギーの伝達性です。



柔らかい物体は曲がってしなりますね。

実は、曲がったりしなることによって、

力は逃げてしまうのです。



逆に、硬い物体はしなったり、

変形してよじれたりしません。

力をしっかりと伝えることができます。



たとえば、しなる柔らかい竹と、

しならない硬い鉄の棒があり、

それぞれの先端で物体を押したら、

どうなるでしょうか?



柔らかい竹は力が逃げる分

物体を十分に押せず、

硬い鉄の棒は十分に力が伝わり

物体を押すことができますよね。



つまり

「高剛性」「硬い」ということは、

エネルギーの伝達性

優れているということになります。



では、

私たちが自転車に乗った時に、

ペダルを踏みこんだ力を

しっかりと地面に伝えるためには、

どうしたらよいか、おわかりですね?



ペダルを踏む力(パワー)が

そのままロス少なく推進力になる

それがフルクラムが「高剛性」

こだわる理由なのです。



では、

その「高剛性」を生み出す

フルクラムの技術を

いくつかご紹介しましょう。


 

<<2:1 スポーク・レシオ/2:1 Two-to-One>>



2:1_スポーク_レシオ


後輪ドライブ側のスポークの数

反対側の2倍多く配置すると同時に、

外側に放射状に延ばずことで

スポークのテンションバランスを保ち、

ねじれを抑え、剛性を高くしています。



この技術を用いたホイールはこちらです


 

◆レーシングゼロ C17 クリンチャー

レーシングゼロ_C17

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set


 
   

◆レーシング クワトロ カーボン クリンチャー

レッドクワトロ_カーボン

FULCRUM Racing Quattro Carbon Clincher wheel set




 

<<オーバーサイズフランジ/Oversize Flange>>

オーバーサイズフランジ

フランジとはハブの両側にある、

スポークを取りつける部分で、

これを大きいサイズにしたのが

オーバーサイズフランジです。

これによって、

スポークの長さが短くなり、

剛性が高まるのです。



この技術を用いたホイールはこちらです

 
   

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ カルト 2WAY-FIT

レーシングゼロ_コンペティツィオーネ

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set


 
   

◆スピード40C クリンチャー

フルクラム_スピード40C

FULCRUM Speed 40C CULT Clincher wheel set



 

<<MoMag>>



MoMag


ニップルを磁石によって

スポークホールへと誘導する技術により、

リム外周のスポーク穴がなくなりました

当然、空洞部部の穴が無くなれば、

その分リム剛性がアップしますよね。



この技術を用いたホイールはこちらです

 
   

◆レーシングゼロ ナイト C17 クリンチャー

レーシングゼロ_ナイトC17

FULCRUM Racing Zero Nite C17 Clincher wheel set


 
   

◆レーシング3 クリンチャー

レーシング3_C15

FULCRUM Racing 3 Clincher wheel set


 
 
   

安全性と攻撃性を支えるブレーキ性能


最高のホイールとは

どんなホイールだと思いますか?

よく走りよく回るホイールですか?



もちろん「走りの性能」は重要ですが、

それと同じくらい

「ブレーキ性能」は重要なんですよ。



それはもちろん、

安全面において危険を回避するための

信頼できるブレーキは大事ですよね。



そして、もうひとつ、

細かな速度変化に対応し、

走行状況が目まぐるしく変わる

レースでも、ブレーキは重要なのです。



特にダウンヒルにおいては、

信頼できるブレーキ性能があれば、

安心・安全であると同時に、

下りでも攻めることができますからね。


フルクラムは、

このブレーキ性能にも

優れた技術を持っています。


 

<<プラズマ電解酸化処理/Plasma Electrolytic Oxidation>>



プラズマ電解酸化処理


レーシングゼロ ナイト C17に

採用されている、

プラズマ電解酸化処理(PEO)は、

究極のブレーキ性能をもたらしてくれます。



ちょっと聞いても難しい、

プラズマ電解酸化処理という用語ですが、、

リムの耐摩耗性や耐熱性を高くする技術なんです。



でも、耐摩耗性や耐熱性が高くなると、

なぜブレーキ性能が向上するのでしょう。



実は、私たちがブレーキをかける時は、

ブレーキシューと共に

リムも削れてしまうのです。



そこでブレーキをかければかける程、

リムが摩耗劣化し、形状変化を起こし、

ブレーキの利きが悪くなります



そこで、

リム面に制動しやすい加工をした上で

プラズマ電解酸化処理を施すのですね。



本来ならば、制動しやすい加工は、

逆に抵抗となるので、摩耗劣化しやすく、

すぐにブレーキが効かなくなるのですが、

プラズマ電解酸化処理によって、

これが半永久的に持続するのです。



ご試乗いただければわかりますが、

レーシングゼロ ナイト C17のブレーキ性能は、

本当に究極です!

きっと驚かれると思いますよ。



この技術を用いたホイールはこちらです

 
   

◆レーシングゼロ ナイト C17 クリンチャー

レーシングゼロ_ナイトC17

FULCRUM Racing Zero Nite C17 Clincher wheel set



 

<<3Diamant処理/3Diamant: surface treatment for braking tracks>>


3Diamant処理
フルクラムでは、

ブレーキが効きにくいと言われる

カーボンホイールにおいても、

ブレーキ性能を高めています。



これはカーボンホイールのリム面に、

細かい斜線を放射状に刻みこむ

3Diamantという研磨処理になります。



これにより、

ブレーキ性能が向上すると同時に、

カーボンホイール特有の、

ブレーキングによる発熱を抑えることができ

長い下り坂でも安心して

ブレーキが使えるようになりました。



この技術を用いたホイールはこちらです

 
 

◆レーシングゼロ カーボン クリンチャー

レーシングゼロ_カーボン

FULCRUM Racing Zero Carbon Clincher wheel set


 
   

◆レーシング クワトロ カーボン クリンチャー

レッドクワトロ_カーボン

FULCRUM Racing Quattro Carbon Clincher wheel set


  
 
   

逆転の発想が生み出すベアリング技術


ホイールの中心で、ホイールの

回転運動を支えるのが、ハブです。



そして、そのハブの内部には、

ベアリングというパーツがあります。



この中には小さなボールが入っていて、

それがレール内で回ることで、

回転運動しています。



とすると、ホイールがスムーズに

回転するかどうかは、ベアリング

よる部分がとても大きいのですね。



当然、高速になればなるほど、

ホイールもベアリング回りますから、

そこの回転性能は、「走り」に

大きな影響を与えます



フルクラムの技術の見せどころですね!


 

<<USB/Ceramic Ultra Smooth Bearings>>

ベアリング_USB
多くのベアリングでは、ボールも

レールも扱いやすく耐久性が高い

スチール製が使われています。



そしてボールとレールの間には、

摩擦や摩耗を避けるために、

潤滑油(グリス)がたっぷり入っています。



さて、このベアリングを、

よりスムーズにするには、

あなたならどうしますか?



フルクラムはこう考えました。

ボールをより真球に近づけ、

表面を出来る限り滑らかにし

抵抗を取り除こう



そこで、

機械加工しやすいセラミックを、

素材に採用したのです。



しかも、セラミックにすると、

軽量化になり、

硬度も高くなるんですね。



それで出来上がったのが、USBで、

回転性能は従来の2倍を誇ります!

2倍スムーズに回るというわけです。



この技術を用いたホイールはこちらです


 

◆レーシングゼロ C17 クリンチャー

レーシングゼロ_C17

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set


 
   

◆スピード40C クリンチャー

フルクラム_スピード40C

FULCRUM Speed 40C CULT Clincher wheel set


 
   

<<CULT/Ceramic Ultimate Level Technology>>



ベアリング_CULT_カルト


USBだけでも十分スゴイのですが、

さらにフルクラムは考えました。



あのボールとレールの間のグリスが、

抵抗になっているのではないか



想像すればおわかりですが、

あのグリスのネチャネチャした中で

回転するのですから、

当然グリスの抵抗はあります。



だったら、

このグリスをなくそう

と考えたのです。



これは目からうろこの

逆転の発想です。



ただ、実際問題としては、

セラミックが相当硬いので、

グリスをなくすと、レールが

かなり摩耗してしまいます。



そこで、フルクラムは、

ボールを受けるレール部分に、

クロニテクトスチールという

特殊ステンレスを採用したのです。



これより、なんと、グリスなしで、

摩擦も摩耗も極限まで抑えた

理想的なベアリングが誕生しました。



これが

CULT(カルト)ベアリングです!



なんとなんと、回転性能は

USBベアリングの4.5倍を誇り、

従来のベアリングの9倍になります!



まさに、究極の回転性能ですね!



この技術を用いたホイールはこちらです

 
   

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ カルト 2WAY

レーシングゼロ_コンペティツィオーネ

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set


 
   

◆スピード40T カルト チューブラー

フルクラム_スピード40T

FULCRUM Speed 40T CULT Tubular wheel set


 
 
CULTベアリング搭載商品はこちら⇒CULTベアリング商品一覧
 
 
   

便利に、快適に、「走り」を変える


自転車の常識は日々変化しています。



以前は細いタイヤの方が速いと

思われていましたが、

最近では、転がり抵抗が少ない

25Cタイヤを装着するライダーが増えています。



また、チューブラーよりもクリンチャーの方が

転がり抵抗が少ないという研究結果もあり、

クリンチャーの質も向上しています。



このような研究結果を受けて、

フルクラムでも、

より速く、より速く走れる

そんな技術が採用されています


 

<<2ウェイフィットシステム/2-WAY Fit>>



2WAY


現在ロードバイク界で使われている

タイヤの種類には3種類あります。



チューブを入れて使用するクリンチャー

チューブ不要のチューブレス

糊やテープで貼り付けて使うチューブラーです。



この中でクリンチャーとチューブレスを、

両方とも使えるシステムがあります。



これは、2-WAY Fitと呼ばれ、

レーシングゼロ コンペティツィオーネや、

レーシングゼロ 2-WAY FIT、レーシング3 2-WAY FIT

などで採用されています。



もちろん、2種類のタイヤを同時に

いっぺんに履くことはできませんが、

シーンや状況にあわせて

タイヤを履きかえることができます



クリンチャータイヤのメリットは

扱いやすい点にあります。



それに対してチューブレスは、

走りが非常に軽く快適です。

また、パンクしにくく、

パンクしても空気が抜けにくい

メリットもあります。



このようなメリットを活かし、

日常トレーニングではクリンチャー

レースやロングライドではチューブレス

というような使い分けができる、

それが2WAY-FITの魅力です。



この技術を用いたホイールはこちらです

 

◆レーシングゼロ コンペティツィオーネ カルト 2WAY-FIT

レーシングゼロ_コンペティツィオーネ

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set


 
   

◆レーシング3 2ウェイフィット クリンチャー

レーシング3_2WAY-FIT

FULCRUM Racing 3 2WAY-FIT Clincher wheel set


 
 
 

<<C17ワイドリム/Wide Rim Tech>>


C17_ワイドリム


従来のC15リムで25C・28Cタイヤを

装着すると、空気が渦を巻き、

空気抵抗を受けてそのメリットを

活かすことができません。



そこで、生まれたのが、

このC17ワイドリム化です。



これにより、タイヤと地面とで

横方向の接地面積が増え、

グリップ力が増すことにより

安定性・操縦性の向上につながりました。



また、25Cタイヤの持つ十分なエアーによる

快適性も見逃せません。



この技術を用いたホイールはこちらです

 

◆レーシングゼロ C17 クリンチャー

レーシングゼロ_C17

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set


 

◆レーシングクワトロ LG クリンチャー

レーシング_クワトロ_クリンチャー

FULCRUM Racing Qurttro LG Clincher wheel set


 
 
 
フルクラムの技術

速く走るため、楽しく走るため

常に進化しています。



そして、それに満足することなく、

今もなお、魅力的な商品

発表し続けています。



これからのフルクラムにも、

ぜひご注目ください!


PageTop

  • ごあいさつ
  • 交換返品
  • フルクラム大好き店長ブログ
  • 関税送料無料
  • customer-voice
  • 即納商品
  • 迷惑メール対策



fulcrum-gallery
  • FULCRUMブランドヒストリー
  • フルクラムホイールの選び方
  • ホイール技術へのこだわり
  • ホイールメンテナンスの基本
  • フルクラムホイールのインプレ集
  • フルクラムホイールのおすすめグレードをまとめてご紹介!
  • 人気ホイール比較対決1 フルクラム レーシングゼロC17 vs カンパニョーロ シャマルウルトラ
  • 人気ホイール比較対決2 フルクラム レーシング3 vs カンパニョーロ ゾンダ C17
  • フルクラム レーシングゼロの魅力を徹底解明!
  • フルクラム レーシング3の走りとは?
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ